スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震度6弱と強 屋外の状況

震度6弱と強 屋外の状況

危機管理委員会が想定する東海地震はマグニチュード8です。
そうなると会社の拠点の相当数の地域で震度6弱から強という事態に直面することになります。

震度6今日の地震が発生しますと多くの建物で壁のタイルや窓ガラスが割れるという事態になってしまいます。そのため落下してくるガラスの破片等の落下物、そして落ちているガラス周囲は危険物だらけとなってしまいます。また補強していないブロックベ塀は例外なく崩れてしまうことでしょう。

震度6弱の地震ではどうでしょうか?
かなりの建物で壁のタイルや窓ガラスが破損して落下してしまいます。やはり相当な危険が待っています。

スポンサーサイト

テーマ : 防犯・防災
ジャンル : ライフ

震度6弱と強 建物の状況

震度6弱と強 建物の状況

危機管理委員会が想定する東海地震はマグニチュード8です。
そうなると会社の拠点の相当数の地域で震度6弱から強という事態に直面することになります。

さて震度6弱の地震と震度き6強の地震は屋内の状況はどのようになっているのでしょうか。
危機管理委員会の想定する震度6弱と震度6強の地震が発生したという想定で屋内の状況を比較してみます。

震度6強が発生すると固定されていない家具のほとんどは移動したり転倒したりします。この移動というのが曲者です。家具が動いて人にぶつかるかもしれません。
ぶつかるというよりは襲うというほうが政界かもしれません。扉は外れてしまうでしょう。もしかしたら吹っ飛んでしまうかもしれません。

震度6弱の地震が発生しますと、やはり家具は緯度いしてしまうようです。そして転倒です。ドアが開かなくなるケースが多いようです。

家具は地震が発生すると凶器となって人間を襲うかもしれません。

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

震度6弱と強 人に対する影響

震度6弱と強 人に対する影響

危機管理委員会が想定する東海地震はマグニチュード8です。
そうなると会社の拠点の相当数の地域で震度6弱から強という事態に直面することになります。

さて震度6弱の地震と震度き6強の地震は人間に対してどのようんな影響を与えるのでしょうか。危機管理委員会の想定する震度6弱と震度6強の地震を比較してみます。

震度6強の地震とは、人間は立っていることができません。
這わないと動くこともできません。
震度6強の地震とはそれほどの大きな地震です。

震度6の地震は、たっていることが困難な地震です。
もしかしたら、根性のある人は立っていることができるかもしれません。
全員が立っていられないというわけではなさそうです。
でもそれは特別な人です。

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

危機管理委員会と東海地震

危機管理委員会では東海地震の発生予測を
マグニチュード8.0と推定して対策を考えています。

もっともこの危機管理員会が計算してマグニチュード8.0としているわけではありません。
情報の元になっているのは中央防災会議です。

そしてマグニチュード8.0ということは地震の震度を6と考えているのです。
もちろん震度6弱と震度6強では被害に違いがあります。

ただ震度6強を前提に考えておく必要はあると思います。

この震度に対して被害の可能性を
人間、屋内の状況、屋外の状況、建造物、ライフライン
これら5つの観点から考えてまいりたいと思います。

さて震度6弱の地震と震度強の地震ではどのくらいの違いがあるものなのでしょうか?

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

危機管理委員会

会社には危機管理委員会があります。
グループ会社全体を管轄しています。

グループ全体を統括しませんと危機を管理できません。
一番大がかりな仕事は、
東海地震を想定した地震対策みたいです。
社員のネット掲示板にいつでも見られるようになっています。

出力して配布されたこともあります。
座一歳に携わる人たちは大変だと思います。

でも一般の社員の反応は?
地震のこと頭にありません。
日々の仕事に追われてそれどころではないようです。

万が一、地震が発生したらどうでしょう?
大きな地震が発生したらどうでしょうか?
きっと無関心な社員だって、
仕事どころではないと思います。
ホントに、資料ぐらい読みましょう。

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

プロフィール

fall ap

Author:fall ap
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。